手術で治せる包茎と、性病について

日本人男性のおよそ6~7割が仮性包茎だと言われており、真性包茎・カントン包茎という重度の症状も存在します。
包茎であると、亀頭が常に包皮で覆われており雑菌や恥垢がたまりやすく雑菌が繁殖するのに絶好の繁殖場所となってしまいます。
しかし、雑菌が繁殖したからといってそれが性病にはつながりません。
入浴を怠って不清潔な状態が続いたりペニスに傷があると、そこが雑菌の入口となり性病を発病してしまうことがあります。
包茎が原因でかかりやすい性病は多岐に渡ります。
クラミジアや尿道炎、重たいものになると陰茎癌をも発病します。
そして、性病のリスクを背負うのは自分自身だけでなくセックスを通じてパートナーにまで感染をさせます。
女性の性器に雑菌やウイルスが入り込むと不妊症や子宮頸がんなどのリスクを大きくさせ子供を産めない体にしてしまうことも有り得ます。
それらのリスクを前もって手術で回避することができます。
包茎手術では、余分な包皮を取り除くことにより亀頭を露出させます。
切らないで済む術式も存在しますが、ほとんどの手術ではメスを入れます。
切開したら糸で抜い、数日後に抜糸が行われます。
その痛みへの恐怖心から手術に踏み出せない男性は数多く存在します。
そのため、最近では抜糸を行わなくても良い溶ける糸を用いて手術をするクリニックが増えてきています。
体に吸収され最終的には跡形もなく消えてしまいます。
手術で治せる包茎と、性病には他にもメリットがあります。
恥垢や悪臭もなくなり、何より見栄えがよくなり中には早漏が改善した方も多く存在します。
セックスライフを楽しむことができ人生が変わるといっても過言ではありません。
手術で包茎を治すだけで性病を防ぐこともでき、多くのメリットも得られるのであれば、少しでもコンプレックスを持っている方は手術を考えてみるのも一つの手かもしれません。