喉が腫れる病気の病名「扁桃炎」~クラビットで治療~

喉が腫れる症状が現れる、病名の1つとして挙げられるのが「扁桃炎」です。
この病名は扁桃腺という部分に炎症が起こる事から付けられました。

病名についている扁桃腺は、喉の両脇にある器官でリンパ組織となっています。
扁桃腺の役割は口から体内に侵入してきた、ウイルスや細菌から体を守る事です。
通常、腫れたり炎症を起こすような事はありませんが、疲労が蓄積していたり睡眠不足や、バランスの悪い食事、ストレスなどで免疫力が低下してしまうと、扁桃腺についたウイルスや細菌が繁殖して炎症を引き起こしてしまいます。

この他にも空気の乾燥、気温の急激な変化といった環境によっても、扁桃炎は引き起こされる病気です。
初期症状では、喉が腫れる・喉がイガイガする・食べ物を飲み込む時に違和感や痛みがあるといった、風邪のような症状を感じます。
この時点で扁桃炎になっていると、気づく方は少ないでしょう。

症状が進み急性扁桃炎となると、38度から40度程の高い高熱が出る・つばも飲み込み難くなる・関節痛や寒気を訴えるケースも少なくありません。

また、扁桃炎の怖いのは症状が慢性化してしまう事です。
何度も扁桃腺が腫れたり、治ったりを繰り返していると、慢性扁桃炎に移行してしまうケースもあるのです。
慢性化すると何度も扁桃腺が腫れる・喉に違和感を感じる・口臭が強くなる・微熱や倦怠感が続くといった症状を感じやすくなります。

慢性化させない為にも扁桃腺の炎症は、早めに治療しましょう。
治療法としては、ウイルスや細菌を殺菌する内服薬の処方が一般的です。
クラビットという錠剤は、抗生剤の1つで扁桃炎の治療にも、ポピュラーに用いられています。
多くのクリニックでクラビットは処方されているので、手に入れやすいでしょう。

クラビットは副作用として、皮膚の赤みや湿疹といった症状が見受けられる為、このような症状を感じたらすぐに、医師か薬剤師に相談する事をお勧めします。