陰茎形成手術とは

性同一性障害などで受けることができる陰茎形成手術とは、いくつかの段階に分かれていたりしますが、手術を終えるまでにはそれなりの期間や費用などはもちろんかかります。
それ以外の性同一性障害に向けた治療も行ってから実行できる傾向も強いです。
性別を変更するのには必要だったりします。
腕や足などから陰茎を作るための尿道を確保するのが一般的です。
尿道菅を下腹部に数ヶ月間埋没させる方法もありますが、それで筋肉と一体化させることができるわけです。
その上で神経も形成してもらえますが、太ももやお尻などから移植した皮膚で陰茎を形成させられる仕組みです。
時間とともにできあがってくるのが通常ですが、神経なども通っているので感覚も出てくる可能性が高いです。
手術を受けるのには条件もありますが、クリニックや病院でかかりつけの医者に診断してもらうのが必須でもあるからです。
きちんとアフターフォローもしてもらえるところも存在していますが、陰茎形成手術で外見的にもほとんど判別できないほどの完成度が得られる場合も多くなっていたりもするのです。
難易度の高い手術になってきますが、病院やクリニックを選ぶのも大事な部分だったりするわけです。