静岡市で治療できるクラミジアにクラビットが有効

静岡市は静岡県の県庁所在地となっている市です。
約370万人の方が静岡市に、住んでいると言われています。
人口の多い静岡市ですので、病院やクリニックの数も少なくありません。

風邪を引いたら内科、怪我をしたら外科に行きますが、もし性感染症に感染した場合は、何科を受診すれば良いのでしょう。
性感染症は男性の場合、泌尿器科、女性の場合は婦人科へ受診する事をお勧めします。

性感染症の中でも、最も感染者数が多いと言われる「性クラミジア感染症」は、男性・女性共に感染します。
クラミジアトラコマチスという病原菌が、感染する事によって性クラミジア感染症を発症します。
性感染症の1つですから、コンドーム無しや不特定多数と性交渉するなど、無防備な性交渉によって感染するのが性クラミジア感染症の特徴です。

男性の場合、性器にクラミジアトラコマチスが感染すると、軽い排尿痛を感じるケースが多いようです。
ただ、男性の感染者が多い淋病に比べ、排尿時の痛みは強くは無い為、自分が性クラミジア感染症になっているという事を、自覚しないまま、パートナーに感染させてしまいやすいとも言われています。

女性の場合、おりものが少し増えるといった症状や、性交渉の際に出血するといった症状を感じる場合があります。
ただ、クラミジアトラコマチスが子宮内膜から卵管、腹腔内にまで感染が広がってしまうと、激しい腹痛を感じ救急車で運ばれるというケースもあるようです。
女性は不妊の原因にもなる為、性クラミジア感染症はしっかり完治したいものです。

この性感染症の治療として、クラビット錠剤の処方は一般的です。
クラビット錠剤は、ニューキノロンと呼ばれる抗菌薬で、旧抗菌薬と比較すると抗菌作用に優れています。
クラビット錠剤を服用しクラミジアトラコマチスを、死滅させる事ができれば、性クラミジア感染症は完治します。