無性病を治すクラビットと皮膚炎などの副作用について

淋病とは淋菌が感染してなる性病の1つです。男性の場合、尿道の不快感や排尿痛が起こったりして、その結果、無性病となる可能性もあります。女性もおりものの増加や下腹部の痛みが起こり、将来的には男性の無性病同様に不妊症に悩むことになります。

淋病に効く薬としてクラビットがあります。クラビットでの治療期間は数日から2週間程度です。淋菌の症状があらわれなくなったからといってすぐに薬の服用をやめてしまうと、体内に残った菌がまた活動を始めてしまい、症状が再び出てくる可能性もあります。細菌では薬に耐性を持った菌もあらわれてきています。医師が完治したと診断するまで服用を続けるようにしましょう。

クラビットはニューキノロン系の抗生物質が配合された合成抗生剤です。淋病だけでなくさまざまな炎症や細菌に効力を発揮します。菌繁殖に必要なたんぱく質のもととなる核酸生成を阻害し、菌を死滅させるのです。

クラビットは無性病を予防するなど効果も高いですが、副作用もあります。蹴りや吐き気、むくみなど出てくる副作用は人それぞれです。日光皮膚炎になる人もいます。夏場に海やプールに行った後に肌が赤くなってヒリヒリする人も多くいますが、これも日光皮膚炎という皮膚病の1つなのです。重度になると全身症状も招きかねないため注意が必要です。
日光皮膚炎になった場合は、ステロイド薬や非ステロイド炎症薬を用いての治療もしなければならなくなります。

クラビットはジェネリック品を海外から購入することも出来ます。病院で待つ時間の短縮になりますし、市販薬と比べて安く購入できます。性病で病院に行くのが恥ずかしいという方にもオススメです。ただ、副作用の心配がある人は医師の診察を受けてから処方してもらうようにしましょう。